スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レビトラについて

今回は何についての記事を書こうかなぁ・・・。と考えながら受付に座っているリブラクリニック目黒院の足立です。





EDやAGAについての最新情報や意外に知られていないような内容のものを書いていこうかとも思うのですが、やはりまだ、はじめたばかりなので基本的なものをメインに書いていこうと思います。

そんな今日は、『レビトラ』について書いてみようと思います。









レビトラはバイエル薬品が製造販売する、世界で2番目に開発されたED治療薬です。

詳しい歴史はレビトラの歴史をご覧下さい。





特徴としては、



1.ED治療薬3種類の中でもっとも即効性があり、服用後早い人で15分、通常30分くらいから効果が現われる。

2.効果がED治療薬3種類の中でもっとも強いとされている。

3.バイアグラと比べて食事の影響が出にくい。





などがあります。よく「バイアグラを改良したED治療薬」と説明されることが多い薬ですね。



この特徴を聞いて、「レビトラは食事の影響がないからいいね!」と喜んでいらっしゃる方がいますが(というより、クリニック側がそのように説明していることが多いので仕方がないのですが)、

正確には『影響がない』のではなく、『影響が出にくい』だけなのです。

それもバイアグラにくらべて。



ネットなどで、色々なクリニックなどのホームページを見てみてもあまりこのことを説明されているところがありませんでしたので、

食事の影響を全く受けないと勘違いされている方が多いのもうなずけるところです。

しかし実際はというと、バイエル薬品が公共しているデータだと大体800kcal以上の食事で影響が出てしまうそうなのです。



800kcalといわれてもピンとこないかもしれませんが、例えば、



・アンパン1個と500mlの牛乳1本

・牛丼大盛り1杯



などで大体800kcalになってしまいます。





レストランや居酒屋などのメニューだとお酒も絡んできますので更に簡単に800kcalに達してしまうでしょう。

ですから、以前のブログhttp://men.libraclinic.com/column/?p=49でも説明したように食事をとると予想される場合には食事の1時間前には薬を服用するようにしましょう。







服用のタイミングさえ間違えなければ、レビトラはとても即効性があって、効果の強い薬です。





もしレビトラが効かなくなってきたと感じられる方は、薬の服用のタイミングを意識してみてください。

用量を大きくしなくても十分効果が得られるはずです。









本日はこの辺で。


バイアグラレビトラシアリスプロペシア処方専門リブラクリニック
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。