スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禁煙治療薬「チャンピックス」

こんにちは。リブラクリニックの足立です。



5月にしては珍しく台風が来ましたが、その後は最高気温が30℃と暑くなってきましたね。皆さんも4月からの新年度の変化にもなれてきたころでしょうか。

新年、もしくは新年度という区切りを迎えると喫煙者の方は、これをきっかけに禁煙にチャレンジされることもある(あった)かと思います。





そこで今回は、禁煙治療薬である「チャンピックス」のご紹介です。





従来はニコチンガムやニコチン貼付剤であるニコチネルがありましたが、2008年より、内服薬としてチャンピックスが発売されて以降、禁煙治療といえばチャンピックスといわれるほどにシェアを伸ばしてる薬です。





チャンピックスの効果としては、ニコチン切れの症状を軽くする、タバコを吸いたい気持ちを減らす、タバコを吸った場合に、タバコを不味く感じるなどの作用により禁煙を成功へと導きます。

このチャンピックスによる禁煙成功率は60~70%以上といわれていて、実にチャンピックスを服用した3人に2人が禁煙を達成しているといえます。



ただし、このデータは12週間(約3ヶ月)内服された方のデータであり、途中でもう禁煙ができたと思い、自己判断によって内服をやめてしまうと、再び喫煙してしまう方が多いので、しっかりと12週間続ける必要があります。



チャンピックスは(健康保険証の使える)保険診療でも処方されている医療機関がありますが、2週間毎や4週間毎に通院が必要になり、通院回数も3ヶ月で5回前後必要になります。





忙しくてあまり通院できない、もしくは通院時の待ち時間があまり取れない方もいらっしゃると思われますので、当院では自費診療になりますが極力患者様の出費を抑えていただくために、初診料、再診料などの診察料金はかかりませんし、通院回数を少なく、また迅速に院内処方をしております。どうぞご検討ください。



それではまた。



バイアグラレビトラシアリスプロペシア処方専門リブラクリニック
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。