スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ED治療薬一覧表

こんにちは。リブラクリニック目黒院の足立です。例年通り6月にはいって梅雨が到来しましたね。日中はとてもムシムシしていて、天気もすっきりしないので気分も沈みがちです。
本日は当院で利用しているED治療薬の一覧表をお見せしようと思います。

〈ED治療薬比較一覧表〉
ED治療薬比較一覧表

※ 効果の強さや、作用時間には個人差があります。
※ ED治療薬の副作用として、動悸、目の充血、顔の火照り、鼻つまりなどがあります


ご存知の方も覆いかとは思いますが、特徴などを簡潔でわかりやすいように一覧表にしてあります。これを見れば薬の特徴などが一目瞭然だと思います。ED治療薬をお選びいただく際の参考にしてもらえればと思います。

この一覧表でやはり目がいきやすいのは、バイアグラの覧ではないでしょうか。ジェネリック品があるのでおなじ効果の薬で価格に差が付いているので当然だと思います。
「でも、ジェネリック品は効き目がいまいちなんじゃ・・・。」
と思われている方も多いと思いますが、ジェネリック医薬品は厚生省の許可を得て製造しているものなので効果は新薬と同等になります。
成分の違いなどで不安に思われているのであれば、表にもあるようにFCIはオリジナルのバイアグラを追求したものになっていて、薬の主成分はもちろん、形状や、添加物に至るまで、バイアグラと99%同じものを使用していますので当院でもとても人気があります。
まずはFCIからジェネリック品をお試しになるのもいいかと思います。

ですがどうしてもジェネリック品にいいイメージをもてないというのであれば、もちろん新薬であるバイアグラを服用されるのがいいと思います。薬に対して不安などがあると、その不安が原因で効果が悪くなることもありますので、ご自身にとって信頼できるお薬をお選びいただくのがいいと思います。

それではまた!

バイアグラレビトラシアリスプロペシア処方専門リブラクリニック
スポンサーサイト

プロペシアジェネリック(フィナステリド錠)についてよくある質問

前回はプロペシアの価格改正にともないプロペシアとそのジェネリック薬品であるフィナステリド錠を簡単に説明させていただきました。
今回はプロペシアジェネリック(フィナステリド錠)を内服するにあたり、院内でよく患者様よりいただく質問があるので、その質問とそれに対する答えを掲載させていただこうと思います。




Q1 なぜ1日1回の内服なのか?1日おきの内服ではだめなのか?


A. フィナステリドという成分は、前回も述べたとおり、男性ホルモンの抜け毛をさせる作用を妨げるものです。
男性ホルモンは毎日体内で作られ続けており、毎日抜け毛の作用をしているので、それを抑えるるためには、毎日の内服が必要になるわけです。
プロペシア1mgの半減期が約4時間であることからも1日おきの内服はお勧めできません。




Q2 1mgの錠剤を割って、毎日半分ずつ内服してもいいのか?


A. プロペシアもプロペシアジェネリック(フィナステリド錠)も1mgの錠剤と0.2gmの錠剤が存在します。
1日1回0.2mgの錠剤を1錠ずつ内服している方も少ないながらもいらっしゃることから考えますと、1mgを半分にして1日量を0.5mgとしても効果が認められる可能性は高いと考えられます。
ただし、フィナステリド錠を割った際にその成分に触れると皮膚からも吸収されていきます。
フィナステリドは男性ホルモンの一部を抑える作用がありますので、女性の方(特に妊婦の方)や成長過程にある小児が触れたりすると外性器異常を起こす可能性が指摘されています。
よって、錠剤を割ることは決してしないでください。割ることをしなければ、錠剤自体はコーティングされていますので皮膚から成分が吸収される心配はありません。




この2つがプロペシアジェネリック(フィナステリド錠)について当院でよく受ける質問とその回答になります。
参考になりましたでしょうか?
それではまた!



バイアグラレビトラシアリスプロペシア処方専門リブラクリニック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。