スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

話題になったシアリス④

こんにちは。リブラクリニック目黒院の足立です。



気が付けばシアリスの話でもう4回目になってしまいましたね。

長々と申し訳ありません。

しかし、こういった内容の話は詳しく理解していたほうが、ネットやメディアから流れてくる間違った情報を真に受けたり、一部の情報のみを鵜呑みにし、間違った認識をすることを防げるので、長いと思われても読んでいただければ幸いです。

それでは早速先生のお話といきましょう。









先週、前立腺肥大症による排尿障害だった場合、ザルティアの処方を受けED治療薬のように使用しようとすると、あまり費用的に安いとはいえないことはお伝えしました。

では、実際に保険医療機関より前立腺肥大症による排尿障害の治療目的に受診(初診)しザルティア5mgを1か月分30錠処方される場合の具体的な費用を考えてみましょう。





保険医療機関(保険適用の病院や医院)の場合、受診だけしてすぐに薬を処方されることはありません。

前立腺肥大症が疑われる場合、血液検査や尿検査、超音波検査、CT検査などが行われ、医師の診断によりはじめて判断が下されます。

ご存知の方もいらっしゃるかとは思いますが、上記のような検査や、医師の診断は、それぞれ診療点数という点数が決められていて1点10円で計算されます。



もちろん初診料や再診療にもその点数が決められていて、受診してから薬が処方されるまでの間に、初診料、再診料、それぞれの検査料、医師の判断料に診断料、処方料、処方箋料、薬剤料が発生します。

各々の数字を挙げるとかなり細かくなってしまいますので概算で申し訳ないですが、前立腺肥大症の場合で薬の処方までかかる金額は3万数千円~4万円近くの費用がかかります。

もちろん、この金額がそのまま請求されるのではなく、保険適用になりますので2割負担の方で7,000~8,000円、3割負担の方で10,000~12,000円ぐらいになります。

この費用でザルティア5mgが30錠なので、シアリス10mgと同じ容量の薬として使用(ザルティア5mgを2錠内服)すると15錠分、シアリス20mgと同じ容量の薬として使用すると7.5回分となります。

これを安いと見るかどうかは、もちろん人によって違ってくるとは思いますが、病院の診察までの待ち時間、検査の日程や検査自体にかかる時間などを考えると決してお徳であるとはいいにくいと思います。









・・・はい。お疲れ様でした。

先生のお話は以上となります。

あれだけ話題になっていた保険適用になったシアリスですが、結局はそんなに甘い話はないということですね。

確かに保険適用の医療機関で、前立腺肥大症による排尿障害と確定している方であれば処方を受けると安くなるかもしれません。

というよりそういう方はその薬が治療のため必要なのですでに処方を受けているでしょう。

しかし、そうでない方の場合、厳しい検査や、診断が行われ、そこではじめて処方がされるお薬なのです。

病院の待ち時間や、検査の時間、処方箋薬局での処方されるまで待ち時間などの手間が気にならないようなのであればチャレンジされてもいいかとは思います。

前立腺肥大症と診断が付かなければその時間も水の泡になってしまいますが・・・。





それでは本日はこの辺で。


バイアグラレビトラシアリスプロペシア処方専門リブラクリニック
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。