スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AGAの割合

リブラクリニック目黒院の足立です。こんにちは。

先週は所用があってブログを更新できませんでした。すみません。

今週はどんな内容をお話させていただこうかな?と考えていたのですが、どうしてもこのブログAGAの情報量が少ないのでAGA関連のお話にさせていただこうと思います。





前回は、AGAとは?的な内容のお話だったので今回はもう少し踏み込んでお話させていただきます。





皆さん、現在AGAで悩まれている方がどのくらいいらっしゃるかご存知ですか?

ある製薬会社が調査した結果だと20歳以降の男性で約30%がAGAを発症しているとのことでした。成人した男性の約3人に1人が発症しているということです。これってかなりすごい割合ですよね。

職場に10人の男性がいれば3人はAGAというような状況です。しかもこの調査、20歳以上ということなので発症率を考えると、もちろん年齢が上がればあがるほどその割合は高くなっていきます。

しかしながら、「髪の毛が薄くなってきたなぁ。」「抜け毛が増えているかもしれない・・・。」と思われている方や、それに不安を感じている方は多くいらっしゃいますが、それを自分がAGAだと思われる方は少ないのが現状です。

前回も申し上げましたがAGAは進行性ですので、気が付いたときにすぐ治療を開始するのがベストです。もし少しでも不安に思われるようなことがあるのであれば、一度ご来院してみてください。



当院では初診料、再診料などをいただいていませんので、診察を無料で受けていただくことができます。もちろん無料と入っても、当院医師をはじめ、受付の私たちも親身にご相談に乗らせていただきます。

と、少し宣伝みたいになってしまいましたが、無料診断と、親身に相談させていただくのは本当です(笑)

AGAは治療薬を服用することでかなりの割合で改善します。カツラをかぶってみてもいいでしょうし、頭にふりかけのようなものをふってその場しのぎをするのもいいですが、根本的な解決にはなりません。たまに見かける植毛といって人工毛を移植するようなところもあるみたいですが、もっての外です!







少し篤くなってしまいましたが、来週はAGAの治療薬についてお話できればいいと思います。

それでは今回はこの辺で。




バイアグラレビトラシアリスプロペシア処方専門リブラクリニック
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。