スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デュダステリドの現状

こんにちは。リブラクリニックの足立です。



前回はデュダステリドについてAGA(男性型脱毛症)の新薬として発売される見込みを書きましたので、今回はデュダステリドの現状について書いてみたいと思います。


デュダステリドは5α-還元酵素阻害剤であり、前立腺肥大症の治療薬として、日本国内では『アボルブ』、欧米などの海外では『アボダート』という製品名でグラクソ・スミスクライン社より発売されています。

また、インドの製薬会社より『デュタス』『デュプロスト』『デュタゲン』『ベルトリド』などの製品名で、アボルブと同じくデュタステリドを0.5mg含有するジェネリック薬品のような位置づけでより安価に販売されています。

デュタステリド自体、現時点ではAGAの治療薬としての認可は受けていないので、アボルブを前立腺肥大症の治療目的で処方を受けるか、アボルブ以外の上記の薬品を個人輸入などで入手して内服している人がいると思われます(ただし、個人輸入は偽物の確率が大変高く、また見た目などで判断ができませんのでご利用にならないほうがいいと思います)。


このように、AGA治療目的にデュタステリドを内服している方の効果はどうなのでしょうか?



次回は、その部分に触れた記事を書いてみたいと思います。
それではまた。

バイアグラレビトラシアリスプロペシア処方専門リブラクリニック


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。