FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

含有量の違い



こんにちわ。リブラクリニック目黒院の足立です。





12月も中旬に差し掛かり、朝晩だけでなく、日中でさえ上着を着ないと寒くて仕方がないようになってきて、本格的に冬が到来したって感じがしますね。

我が家の庭の水道なんかはもう、朝晩凍ってしまって水が出ない状態です(笑)



話が全く繋げられないで申し訳ありませんが、本日はED治療薬の主要成分の含有量についてお話します。









ご存知の方がほとんどとは思いますがED治療薬には現在大きく分けて3種類のものがあります(バイアグラのジェネリック医薬品である「トーワ」、「FCI」はバイアグラに含まられるとして)。



バイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類なのですが、この3種類の薬にも主要成分の含有違いのものがあり、

バイアグラは25mgのものと50mgのもの、

レビトラとシアリスは10mgのものと20mgのものがあり(レビトラとシアリスは実は5mgのものも出てはいるのですが当院ではお取り扱いしておりません)、

薬の種類は実際6種類あります。





ここで良くお問い合わせいただくのが、









「レビトラが一番効果の高い薬と聞いたが、バイアグラのほうが含有量が多い。どうしてなのか?」





というものです。





含有量の50mgもあるバイアグラがなぜ含有量20mgのレビトラより効果が劣るのか引っ掛かっているみたいなのですが、

バイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類のED治療薬はそれぞれ含有する主成分が異なったものなので含有量の総量だけでの比較はできないのです。



ちなみにバイアグラにはシルデナフィルクエン酸、レビトラにはバルデナフィル、シアリスにはタダラフィルという成分が含有されています。





(より詳しくは(ED治療薬の成分含有の違い)をご覧下さい。)





この疑問が出てしまうのはレビトラとシアリスの主要成分の含有量が同じ10mgと20mgであることによって

バイアグラも同じものとしてみてしまうんじゃないかと個人的には思っていますが、

実際は上記の通りですのでご注意ください。





本日はこの辺で。



バイアグラレビトラシアリスプロペシア処方専門リブラクリニック
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。